フィリピンで多いクレジットカード被害と使い方まとめ

クレジットカード、日本ではかなり普及しています。現金を持ち歩かずに済むためとても便利です。

フィリピンの場合、日本で普及しているクVISAやアメックス、ダイナース、JCB、MASTERなどが使用できます。

ただし、フィリピンの主要な都市内の大規模なホテルや店舗に限定されている場合が多く、店舗によって使用できるカードの対応が違うことがあるので、使用する前に確認したほうが安心です。

フィリピンでは、クレジットカード被害を受けることがあり、注意が必要です。主な被害は窃盗で、金品目当てのものが多いです。

貴重品などは常に管理しておくほうが安心できます。

また、クレジットカードによって犯罪を抑止できる場合もあります。

アジアの国々では、タクシー料金など高額請求されることがありますが、フィリピンでは、スマートフォンによるタクシー料金の支払いが普及し始めており、タクシーの運転手が直接料金を請求することはなく、スマートフォンにより決済を行うためぼったくりなどの被害を回避することができます。

決済にはタクシー専用のアプリをダウンロードすることとクレジットの登録が必要になりますが、犯罪防止として役立ちます。

また、フィリピンにはATM設置場所が多いので、キャッシングするには便利です。

フィリピン国内では、クレジットカードの普及はあまり浸透していませんが、国の政策として普及率を上げようとしているため、徐々に便利になるはずです。

フィリピンの路上でトラブルに合わないための対処法

フィリピンに旅行にいく際には気をつけて欲しい点がいくつかあります。なぜなら、フィリピンで日本人がトラブルに合うケースが多いからです。

例えば睡眠強盗(親日をよそおって近づいて来て心を許したあたりでアルコールを飲ませて眠らせてからする強盗)、強盗やひったくり、置き引き、すりです。

これらの危険を回避するためには、知らない人にはついていかないこと、ひと気のないところにはいかないこと、バスなどの公共の乗り物の際はおかしな動きをする人には注意すること。

そして夜は出歩かないのが鉄則ですが、それでも夜出歩くときはタクシーを使いましょう。

ただし、タクシーでもたまにシャブ中の運転手もいるので、おかしいと思ったときはすぐにおりましょう。

これらの注意点は、例えば日本人が多くて都会でも起こりえることです。

都会だから、田舎だからなどは関係無いです。

フィリピン自体が日本では無いことを認識し、だからこそ危険率が高いと心に固く決めて動くことが大切です。海外にでるときは自分の身と荷物は自分で守ることが必要とされます。

フィリピンはまだまだ発展途上国であるので、相手は日本の人だと知るとお金を持っていると思う人が大半です。

だからこそ、子供を使ってのすりなどもだ多発しやすいため、相手が子供であろうが親切な人であろうが、知らない人には心してかかること、気を許さないことが最も路上トラブルに合わないための秘訣です。

そこだけ気をつけるときっと素敵な旅になるでしょう。

日本で払っていた保険と年金の扱いはどうなるか

フィリピンにはいくつかの社会保険制度がありますが、基本的には強制加入となっていますので、日系企業の駐在員であっても、フィリピンに住んでいる以上は加入しなければなりません。その保険制度はSSSと呼ばれています。労働者と雇用者の両方がその保険料を負担することになっていて、給料から天引きの形で保険料を納めることになります。保険料はそれほど高くありませんので、大きな負担とはならないのがメリットです。しかし、病気などでこの保険を適用するには、高い条件をクリアしないといけないので、実際に病気などにかかって利用する機会は日本に比べると少なめでしょう。

公的な保険制度がありますが、その保険が適用される条件が厳しいため、実際には重い病気や怪我でないと利用できない状況です。そのため、多くの日本人は民間の医療保険に入っています。衛生環境が悪い地域がありますし、交通事故の発生率も高いため、万が一に備える意味で入っていた方が安心でしょう。たくさんの保険商品がありますが、ある程度メジャーな会社の保険に加入した方が良いでしょう。保険に加入していないと、医療費がかなり高価になる可能性がありますので、民間の医療保険に保険料を支払っても、結局お得となることがほとんどです。

アメリカの制度にあるような、日本とフィリピンの年金を合算したり、年金加入期間を編入したりすることはできません。もちろん、日本で加入していた年金をフィリピンで受け取ることは可能で、実際にフィリピンで年金生活をしている人はたくさんいます。その際には、日本で銀行口座の登録などをしっかりする必要があります。フィリピンの年金制度はSSSによるもので、通常のいわゆる老齢年金や障害年金などのカテゴリーが設けられています。もちろん、日本のものより支給額は少ないので注意が必要です。フィリピンの年金だけでは、通常の生活を送ることは難しいことが多いので、他の手段も考えておくと良いでしょう。老後の貯えとして貯金をしておくこともできますし、民間の個人年金を利用するという手もあります。日本人向けの個人年金を取り扱う保険会社も現地にありますので、相談することができます。

–最後に税金の支払について–
給料の額に応じて所得税がかかりますが、基本的には源泉徴収という形で給料天引きされますので、あまり難しい手続は必要ありません。複数の会社からの所得がある場合などには、確定申告の制度もありますので、毎年4月に日本と同じように個々で申告をすることになります。フィリピンの所得税の割合は高いことで有名で、給料が良くても税金として徴収される率が高いので、手取りが少なくなってしまいます。所得に応じた累進課税制を採っていますが、中所得者でもある程度高い割合の所得税が課せられますので、この所得層は不利になると言えるでしょう。

フィリピンではSSSと呼ばれる公的保険への加入が義務付けられている

フィリピンでの就職や転職をする場合、毎月のお給料金額についてはもちろん大切なことではありますが、その他の待遇面がどうなっているのかをきちんとチェックしておく必要があります。

そうでないと、いざというときに非常に困ったことになってしまったり、生活がかなり不便になってしまうこともあるからです。

就職をする企業によって、そして地域ごとの特色によってなど、待遇面はそれぞれ異なっていますから、まずは求人情報を調べる段階できちんとチェックしておきましょう。

まず、現地にて生活するにあたって必要になるのが医療保険です。

日本とは環境が異なりますから体調を崩してしまいやすかったり、衛生面でも食べ物や水などでお腹を壊してしまうことも多くなるかも知れません。

日本ではほとんど見られないような伝染病が流行っていたり、自動車やオートバイの運転マナーが悪いために交通事故も頻繁に起こっています。

そのため、病気や怪我を負ってしまったときのことを考えていく必要があります。

フィリピンではSSSと呼ばれる公的保険があり外国人労働者の加入が義務付けられています。日本人会診療所もあり日本人がよく利用していますので、チェックしておいてください。

日本と同じような高度な医療レベルの治療を海外で受けるとなると、保険に入っていなければかなり高額な医療費を請求されて困ってしまうことが多いのですよね、手術や入院となればなおさらです。

SSSに加入するよう雇用主に確認をしておきましょう。

たくさんの島からなる自然溢れる国フィリピン

フィリピンとは東南アジアに位置している国です。正式にはフィリピン共和国といいますが、その名称で呼ぶ方はあまり多くないかもしれません。

フィリピンはたくさんの島からなる国で、その島の数は7000以上とされています。面積にすると日本の8割ほどの広さだそうです。

住んでいる民族の割合を見てみると、その95%ほどがマレー系です。そこに中国系や少数民族がいるといった状態で、マレー系のなかでもたくさんの民族に分かれていることも特徴的です。公用語はフィリピン語と英語ですが、島によって異なった言語を使用することもあり、その数は80や100と言われています。しかし英語は共通しているため安心です。アジアの中では最も英語が普及している国だと言われています。これはアメリカの植民地だった過去が関係しているのでしょう。

フィリピンの主な産業は農業です。亜熱帯なことからサトウキビやココナッツ、タバコやバナナといった幅広いものを作ることが可能となっています。米も生産していますが、その殆どを輸出しているため自給率はあまり高くないようです。米の輸出国としてはかなり上位です。

日本との時差は一時間で、日本より遅れています。直行便で4時間ほどで行くことが可能です。

フィリピンが誇るビーチであるボラカイ旅行

bokarai
フィリピンというとセブが有名ですが、あまりきれいな海ではなかったという友人からの感想で、以前から気になっていたリゾート地であるボラカイ島に行ってみることにしました。マニラからカリボ空港に入り、そこからバスで2時間くらい、そしてその後はボートで15分ほどで到着することができました。

ボラカイの海は遠浅でホワイトビーチは本当にきれいであり、海が光って見える独特の美しさであり、ベストビーチに輝くだけのことはあると思いました。

とはいえ、美しいビーチばかりが目立ってしまうボラカイですが、現地に以前から住んでいるローカルの人たちはたくさんいて、彼らはホテルや観光をメインの仕事をしているので仕事という面ではたくさんあるのかもしれませんが、それでも彼らの住居というのは本当にトタンだけの家、貧しくて狭くて衛生環境も悪いそんな家がびっしりと立ち並んでいるのです。華やかなビーチリゾートですが、少し裏通りになるとそんな集落ばかりであり、現実の厳しさというものを感じてしまいました。

とはいえ、本当にきれいなビーチを持つボラカイは観光客だらけであり、モールやショッピングできるようなお店、そしてホテルの建設ラッシュが続いています。中国人に韓国人が圧倒的に多く、日本語はほとんど聞こえてきません。そのような面で日本だらけのグアムとは違う異国の楽しみを味わうことができました。