フィリピン日系企業の転職時の一般的な給料は意外と…

philippines
フィリピンにて仕事をする場合、駐在員スタイルでしたら日本と変わらない金額のお給料がもらえたり、海外手当や住宅手当などがプラスされるために日本以上に高いお給料をもらえることも多いのです。

物価が日本よりもかなり低いフィリピンでそういった金額をもらえるのであれば、非常に余裕のある裕福な生活を送ることが出来ます。

それに比べて、現地採用の場合でしたらお給料を始めとして待遇面は劣ってしまうことは仕方がありません。

フィリピンにおける日本人現地採用のお給料金額は、他のASEAN諸国と比べてやや低めになっていたのですが、最近では徐々にフィリピンでのお給料が高騰してきているために他の国との差は縮まってきました。

また、フィリピン国内でもエリアによって金額には違いがあり、セブでしたら大体60,000ペソ(約162,000円)程度、そして首都のマニラでは大体75,000ペソ(約202,500円)程度の求人情報が多くなっているのです。

もちろんこれはあくまでも平均であり、高い専門的なスキルを持っていたり、管理職待遇として採用される場合には、100,000ペソ(約270,000円)を超えるような求人もあるのです。

現地採用では、採用されてから少しずつ仕事を覚えていくスタイルよりも、すぐに即戦力として活躍してくれるような方が求められますから、今までの経歴を活かせる仕事を探してみるのがいちばん良いかと思います。

逆に言うと未経験、新卒での採用は厳しいとみることになります。

フィリピン求人と日本人のサイトもご確認下さい。

転職時にどんなスキルを持つ人物が採用されやすいかチェック

フィリピンの仕事場では、基本的に英語が使われています。日本人ビジネスマンは、大抵の場合社員教育や現場管理、プロジェクトマネージャーなどの管理職に就くケースが多いので、高度な英語スキルが求められるでしょう。また、単なる単語力だけでなく、仲間や部下たちとのコミュニケーションもしっかり取らなくてはいけませんので、会話力も求められることになります。

mensetsu2
フィリピンなどの土地で日本人ビジネスマンが働く現場はたいてい、管理的な職務を行うことになります。また社員教育などの仕事も多いので、該当する業務に関する経験が求められます。そのため、採用の際にはどれだけの経験があるかというのが重要視されます。日本の国家資格などはスキルを証明する目安となりますが、その資格自体はフィリピンでは有効ではありませんので必須ではありません。どちらにせよ、人に教えられるほどの高いスキルがあると大変有利です。

日本のビジネスシーン、また生活環境もフィリピンのそれとはかなり異なります。それで、現地で活躍するためには、そうした状況の変化に対応できる順応性が求められることになります。さらに、自分で物事を判断して決断する能力も必須です。多くのシーンで、リーダーシップを取って決定をすることが求められますし、日本と違って個々の責任で行動を取ることも多いので、必然的に自立した人間が評価されることになります。指示がないと仕事ができないという人は敬遠され、むしろ積極的に意見を述べて新しい分野での仕事を開拓するような前向きな人が歓迎されます。

いろいろな役職での求人がありますが、全体的には管理職の求人が多い傾向にあります。エンジニアリングの仕事であっても、プロジェクトマネージャーなどのまとめ役が多めとなっています。さらに、製造業務では品質管理やライン管理など、全体をまとめる役割に就くことが多いでしょう。同じように飲食業でも、店長クラスのポジションや新店オープンのアドバイザーなどの仕事が多く見られます。すでに持っているスキルや経験を活かして、社員の教育を行ったり、店舗の改善点を見つけたりする仕事が多くなります。このように、責任を任せられる役職が多いのがフィリピンの求人の傾向となっています。管理職が全体的に多く、フィリピンのビジネススタイルを上手に吸収しながら、日本の仕事のレベルを同じように推進していくことが求められます。

フィリピンでの転職活動の進め方、こうするとスムーズ!

mensetsuフィリピンでの転職を考えているのであれば、フィリピンの仕事に特化した求人サイトを使うのが一番効率的でしょう。日系企業への雇用を考えているのであれば、日本の求人サイトが一番情報を多く持っています。フィリピンにおける求人は多いため、大手の転職エージェントなどでもフィリピン求人に特化したサイトを作っています。また、現地採用やフィリピン企業に就職することを希望しているのであれば、現地の就職斡旋エージェントに聞くのが一番効率的です。

しかし、日本から仕事を探すのであれば現地のエージェントに聞くことはできませんので、インターネット上の転職サイトで探すのが一番でしょう。●●を始めとするいくつもの転職エージェントが情報を提供しています。

求人情報を探して応募したい企業が見つかったら、履歴書などを送付して面接の申し込みをします。面接の前に必要な書類を準備しておくことで、スムーズに手続を進められますし、人事担当者の印象を良くすることができます。まず、基本的な履歴書を書いておく必要がありますが、それぞれの会社で指定の履歴書を使う必要があるケースもありますので、しっかりとどのフォームにすべきかを確認するようにしましょう。また、外資の会社などは職歴を別の書類にまとめるよう求めることもあります。どんな企業でどのような仕事をしていたのかをしっかりと書くことで、スキルや経験をアピールできますので、細かな点まで注意してアピールポイントをしっかり書きましょう。

現地採用の場合は、就労ビザや永住権を持っていること条件とする可能性もありますので、ビザ関連の書類も準備しておくと良いでしょう。さらに、どこに住んでいるかなど、本人に関する確認ができる書類があるとスムーズに進みますので、住所が記載された公的書類や電気代の明細書などを持参するのも手です。

面接では主に、求められるスキルや職務経験などに関する質問がなされます。当然、しっかりとしたスキルがあればそれだけ採用の可能性が高まりますので、資格や長い職務経験があればきちんとアピールしましょう。また、なぜフィリピンでの仕事を探しているのかも聞かれることが多くなります。フィリピンに対する思いを話す機会となりますので、熱意を込めてフィリピンで働きたいという願いを伝えると良いでしょう。

採用が決まると、仕事に関する契約書が交わされることになります。そこには給料などの条件だけでなく、住居や交通に関する手当などの詳細や、税金や公的保険の扱いなどが記されることになります。少し複雑ですが、しっかりと内容を確認して後々トラブルとならないようにしましょう。ビザの発給などが必要であれば、その手続もしなければならないので、すぐに必要書類を提出できるように準備しておきましょう。こうした手続が終われば、飛行機のチケットを取って渡航となります。家財などの移送もいろいろな会社が行っていますので、見積もりを取って信頼できるところに頼むと良いでしょう。