フィリピンで多いクレジットカード被害と使い方まとめ

クレジットカード、日本ではかなり普及しています。現金を持ち歩かずに済むためとても便利です。

フィリピンの場合、日本で普及しているクVISAやアメックス、ダイナース、JCB、MASTERなどが使用できます。

ただし、フィリピンの主要な都市内の大規模なホテルや店舗に限定されている場合が多く、店舗によって使用できるカードの対応が違うことがあるので、使用する前に確認したほうが安心です。

フィリピンでは、クレジットカード被害を受けることがあり、注意が必要です。主な被害は窃盗で、金品目当てのものが多いです。

貴重品などは常に管理しておくほうが安心できます。

また、クレジットカードによって犯罪を抑止できる場合もあります。

アジアの国々では、タクシー料金など高額請求されることがありますが、フィリピンでは、スマートフォンによるタクシー料金の支払いが普及し始めており、タクシーの運転手が直接料金を請求することはなく、スマートフォンにより決済を行うためぼったくりなどの被害を回避することができます。

決済にはタクシー専用のアプリをダウンロードすることとクレジットの登録が必要になりますが、犯罪防止として役立ちます。

また、フィリピンにはATM設置場所が多いので、キャッシングするには便利です。

フィリピン国内では、クレジットカードの普及はあまり浸透していませんが、国の政策として普及率を上げようとしているため、徐々に便利になるはずです。