フィリピンでの転職活動の進め方、こうするとスムーズ!

mensetsuフィリピンでの転職を考えているのであれば、フィリピンの仕事に特化した求人サイトを使うのが一番効率的でしょう。日系企業への雇用を考えているのであれば、日本の求人サイトが一番情報を多く持っています。フィリピンにおける求人は多いため、大手の転職エージェントなどでもフィリピン求人に特化したサイトを作っています。また、現地採用やフィリピン企業に就職することを希望しているのであれば、現地の就職斡旋エージェントに聞くのが一番効率的です。

しかし、日本から仕事を探すのであれば現地のエージェントに聞くことはできませんので、インターネット上の転職サイトで探すのが一番でしょう。●●を始めとするいくつもの転職エージェントが情報を提供しています。

求人情報を探して応募したい企業が見つかったら、履歴書などを送付して面接の申し込みをします。面接の前に必要な書類を準備しておくことで、スムーズに手続を進められますし、人事担当者の印象を良くすることができます。まず、基本的な履歴書を書いておく必要がありますが、それぞれの会社で指定の履歴書を使う必要があるケースもありますので、しっかりとどのフォームにすべきかを確認するようにしましょう。また、外資の会社などは職歴を別の書類にまとめるよう求めることもあります。どんな企業でどのような仕事をしていたのかをしっかりと書くことで、スキルや経験をアピールできますので、細かな点まで注意してアピールポイントをしっかり書きましょう。

現地採用の場合は、就労ビザや永住権を持っていること条件とする可能性もありますので、ビザ関連の書類も準備しておくと良いでしょう。さらに、どこに住んでいるかなど、本人に関する確認ができる書類があるとスムーズに進みますので、住所が記載された公的書類や電気代の明細書などを持参するのも手です。

面接では主に、求められるスキルや職務経験などに関する質問がなされます。当然、しっかりとしたスキルがあればそれだけ採用の可能性が高まりますので、資格や長い職務経験があればきちんとアピールしましょう。また、なぜフィリピンでの仕事を探しているのかも聞かれることが多くなります。フィリピンに対する思いを話す機会となりますので、熱意を込めてフィリピンで働きたいという願いを伝えると良いでしょう。

採用が決まると、仕事に関する契約書が交わされることになります。そこには給料などの条件だけでなく、住居や交通に関する手当などの詳細や、税金や公的保険の扱いなどが記されることになります。少し複雑ですが、しっかりと内容を確認して後々トラブルとならないようにしましょう。ビザの発給などが必要であれば、その手続もしなければならないので、すぐに必要書類を提出できるように準備しておきましょう。こうした手続が終われば、飛行機のチケットを取って渡航となります。家財などの移送もいろいろな会社が行っていますので、見積もりを取って信頼できるところに頼むと良いでしょう。