フィリピン日系企業の転職時の一般的な給料は意外と…

philippines
フィリピンにて仕事をする場合、駐在員スタイルでしたら日本と変わらない金額のお給料がもらえたり、海外手当や住宅手当などがプラスされるために日本以上に高いお給料をもらえることも多いのです。

物価が日本よりもかなり低いフィリピンでそういった金額をもらえるのであれば、非常に余裕のある裕福な生活を送ることが出来ます。

それに比べて、現地採用の場合でしたらお給料を始めとして待遇面は劣ってしまうことは仕方がありません。

フィリピンにおける日本人現地採用のお給料金額は、他のASEAN諸国と比べてやや低めになっていたのですが、最近では徐々にフィリピンでのお給料が高騰してきているために他の国との差は縮まってきました。

また、フィリピン国内でもエリアによって金額には違いがあり、セブでしたら大体60,000ペソ(約162,000円)程度、そして首都のマニラでは大体75,000ペソ(約202,500円)程度の求人情報が多くなっているのです。

もちろんこれはあくまでも平均であり、高い専門的なスキルを持っていたり、管理職待遇として採用される場合には、100,000ペソ(約270,000円)を超えるような求人もあるのです。

現地採用では、採用されてから少しずつ仕事を覚えていくスタイルよりも、すぐに即戦力として活躍してくれるような方が求められますから、今までの経歴を活かせる仕事を探してみるのがいちばん良いかと思います。

逆に言うと未経験、新卒での採用は厳しいとみることになります。

フィリピン求人と日本人のサイトもご確認下さい。