たくさんの島からなる自然溢れる国フィリピン

フィリピンとは東南アジアに位置している国です。正式にはフィリピン共和国といいますが、その名称で呼ぶ方はあまり多くないかもしれません。

フィリピンはたくさんの島からなる国で、その島の数は7000以上とされています。面積にすると日本の8割ほどの広さだそうです。

住んでいる民族の割合を見てみると、その95%ほどがマレー系です。そこに中国系や少数民族がいるといった状態で、マレー系のなかでもたくさんの民族に分かれていることも特徴的です。公用語はフィリピン語と英語ですが、島によって異なった言語を使用することもあり、その数は80や100と言われています。しかし英語は共通しているため安心です。アジアの中では最も英語が普及している国だと言われています。これはアメリカの植民地だった過去が関係しているのでしょう。

フィリピンの主な産業は農業です。亜熱帯なことからサトウキビやココナッツ、タバコやバナナといった幅広いものを作ることが可能となっています。米も生産していますが、その殆どを輸出しているため自給率はあまり高くないようです。米の輸出国としてはかなり上位です。

日本との時差は一時間で、日本より遅れています。直行便で4時間ほどで行くことが可能です。