転職時にどんなスキルを持つ人物が採用されやすいかチェック

フィリピンの仕事場では、基本的に英語が使われています。日本人ビジネスマンは、大抵の場合社員教育や現場管理、プロジェクトマネージャーなどの管理職に就くケースが多いので、高度な英語スキルが求められるでしょう。また、単なる単語力だけでなく、仲間や部下たちとのコミュニケーションもしっかり取らなくてはいけませんので、会話力も求められることになります。

mensetsu2
フィリピンなどの土地で日本人ビジネスマンが働く現場はたいてい、管理的な職務を行うことになります。また社員教育などの仕事も多いので、該当する業務に関する経験が求められます。そのため、採用の際にはどれだけの経験があるかというのが重要視されます。日本の国家資格などはスキルを証明する目安となりますが、その資格自体はフィリピンでは有効ではありませんので必須ではありません。どちらにせよ、人に教えられるほどの高いスキルがあると大変有利です。

日本のビジネスシーン、また生活環境もフィリピンのそれとはかなり異なります。それで、現地で活躍するためには、そうした状況の変化に対応できる順応性が求められることになります。さらに、自分で物事を判断して決断する能力も必須です。多くのシーンで、リーダーシップを取って決定をすることが求められますし、日本と違って個々の責任で行動を取ることも多いので、必然的に自立した人間が評価されることになります。指示がないと仕事ができないという人は敬遠され、むしろ積極的に意見を述べて新しい分野での仕事を開拓するような前向きな人が歓迎されます。

いろいろな役職での求人がありますが、全体的には管理職の求人が多い傾向にあります。エンジニアリングの仕事であっても、プロジェクトマネージャーなどのまとめ役が多めとなっています。さらに、製造業務では品質管理やライン管理など、全体をまとめる役割に就くことが多いでしょう。同じように飲食業でも、店長クラスのポジションや新店オープンのアドバイザーなどの仕事が多く見られます。すでに持っているスキルや経験を活かして、社員の教育を行ったり、店舗の改善点を見つけたりする仕事が多くなります。このように、責任を任せられる役職が多いのがフィリピンの求人の傾向となっています。管理職が全体的に多く、フィリピンのビジネススタイルを上手に吸収しながら、日本の仕事のレベルを同じように推進していくことが求められます。