フィリピンではSSSと呼ばれる公的保険への加入が義務付けられている

フィリピンでの就職や転職をする場合、毎月のお給料金額についてはもちろん大切なことではありますが、その他の待遇面がどうなっているのかをきちんとチェックしておく必要があります。

そうでないと、いざというときに非常に困ったことになってしまったり、生活がかなり不便になってしまうこともあるからです。

就職をする企業によって、そして地域ごとの特色によってなど、待遇面はそれぞれ異なっていますから、まずは求人情報を調べる段階できちんとチェックしておきましょう。

まず、現地にて生活するにあたって必要になるのが医療保険です。

日本とは環境が異なりますから体調を崩してしまいやすかったり、衛生面でも食べ物や水などでお腹を壊してしまうことも多くなるかも知れません。

日本ではほとんど見られないような伝染病が流行っていたり、自動車やオートバイの運転マナーが悪いために交通事故も頻繁に起こっています。

そのため、病気や怪我を負ってしまったときのことを考えていく必要があります。

フィリピンではSSSと呼ばれる公的保険があり外国人労働者の加入が義務付けられています。日本人会診療所もあり日本人がよく利用していますので、チェックしておいてください。

日本と同じような高度な医療レベルの治療を海外で受けるとなると、保険に入っていなければかなり高額な医療費を請求されて困ってしまうことが多いのですよね、手術や入院となればなおさらです。

SSSに加入するよう雇用主に確認をしておきましょう。